むくみ解消法 運動

筋力アップでむくみ知らずの体を手に入れよう!誰でもできる簡単筋トレをご紹介

更新日:

筋力アップでむくみ知らずの体を手に入れよう!誰でもできる簡単筋トレをご紹介

筋トレと聞くと特に運動が苦手な方は敬遠したくなるかもしれませんが、むくみ体質を放っておくことはいいことではありません。
体質改善のための方法は色々ありますが、その一つに筋トレが挙げられます。
難しいことは何もありません。誰でも出来る簡単な筋トレをご紹介します。

筋トレは代謝を良くしてくれる

筋トレは代謝を良くしてくれるなぜ筋トレとむくみが関係しているのか、ポイントは"代謝"です。

体のむくみの原因は色々あり、その中のひとつが代謝の低下と言われています。
体内の代謝が悪くなると、食事で補ったものをエネルギーに変えにくいだけでなく、体の中に老廃物や不要な水分をためこんでしまい、その結果が体のむくみとなって現れます。

筋トレはダイエットや心肺機能を高めるために有効な方法ですが、実はむくみ解消にも効果的です。
筋肉にはリンパや血液の流れを促すポンプの役割があり、継続的に筋トレを行うことで代謝を促進しむくみを解消したり、むくみにくい体質に改善していくことができます。

できる範囲から始めて、筋肉の量を少しずつ増やしていきましょう。

血流が良くなるとむくみが解消される

血流が良くなるとむくみが解消されるなぜ血流が良くなるとむくみが解消されるのか、その理由が分かればと筋トレにも前向きに取り組むことが出来るはずです。

夕方から夜にかけて体や足がむくみやすい体質の場合、血液やリンパの流れが悪いことが原因になっていることが多いと分かっています。
血液もリンパも流れを良くするためには筋肉の働きで流してあげる必要があります。ポンプの役割を筋肉が果たしてくれるというわけです。

特に第二の心臓と言われているふくらはぎの筋肉は重要で、ふくらはぎの筋力が弱ってしまうと、むくみやすい体質になります。
ふくらはぎは体の中でも心臓から一番遠い場所にあるので、それだけでむくみやすく、そこへ足の筋肉量が減ってしまえば、さらにむくみが悪化してしまいます。
むくんだ状態がさらにむくみを生み出すのです。

運動不足はもちろんのこと、日ごろ立ち仕事が多い方や、デスクワークなど同じ姿勢で過ごすことが多い方は注意が必要です。
筋肉を適度に鍛えて下半身の老廃物や余分な水分を心臓に送り出してあげましょう。

肝臓や腎臓の負担を軽くすることが目的

肝臓や腎臓の負担を軽くするむくみと腎臓、専門的な知識がなければこの二つが関係していることを知らずに過ごしてしまうでしょう。
私たちは何気なく暮らしているだけでも体の中に毒素が少しずつ溜まっていきます。
この毒素をキレイにしてくれるのが肝臓腎臓です。
これらの臓器は解毒装置とも呼ばれていますが、肝臓も腎臓も働きには限界があります。
その限界を超えてしまうと一気に機能が低下するのです。

この二つの臓器の働きを手助けする意味でも筋トレは必要不可欠です。
筋トレで筋肉の量が徐々に増えていくと体の体温がどんどん上がります。
汗をかくことでデトックス効果をもたらし、老廃物や余分な水分も排出されます。
筋トレは筋肉を鍛えるだけでなく、肝臓や腎臓の働きを手助けしてくれることが分かると、筋トレを前向きに取り入れてみたくなりませんか?

むくみ解消に今すぐ始めたい簡単筋トレ

むくみ解消に今すぐ始めたい簡単筋トレ筋トレがいくらむくみに良いと言われても、難しかったり手間がかかれば継続するのは難しいでしょう。
こちらでは誰でも簡単に出来る筋トレをご紹介します。

その1:スクワット


筋トレの代表と言えばスクワットでしょう。下半身の筋肉を効率よく鍛えることが出来るので、血流の促進や代謝を促す作用をもたらします。方法は簡単です。

スクワットの手順

  1. まず両足を肩幅まで広げます。つま先は少し外側を向けて立ちましょう。
  2. その状態で膝をゆっくり曲げて腰を下げていきます。
    両手を前に突き出した姿勢がおすすめですが、この姿勢が苦しい場合は腰に両手をあててもいいでしょう。
  3. 床と太ももが水平になるまで腰を落とし、このまま2~3秒止まってください。
  4. 次にゆっくりと元の姿勢に戻します。
これなら部屋のどこにいても出来ますし、仕事の休憩時間でも手軽に始められます。

その2:カーフレイズ


こちらも簡単に出来る筋トレです。慣れないうちは壁に手をついてやってみましょう。

カーフレイズの手順

  1. 肩幅に足を開きます。
  2. 息をゆっくり吐きながら背伸びをしてください。
    このときつま先立ちをしますが、両足の親指に力を入れることを意識しましょう。
  3. 息を吸いながらかかとを下ろしていきます。
    このときかかとを床につけず、少し浮いた状態で止まります。
  4. 1~3を10回で1セット、3セット行ってください。
とても簡単なので年齢を重ねても出来る筋トレです。

その3:レッグレイズ


自宅でリラックスしたときにできる筋トレです。

レッグレイズの手順

  1. 床に仰向けになったまま両手はおなかの下あたりに添えてください。
  2. その状態から両足を床から10センチ程度上げていきます。
    このとき、おなかの下あたりに力を入れると足が上がりやすいです。
  3. ここから息を吐きながら徐々に足を60度になるまで上げていきましょう。このままの状態で5秒とまります。
  4. 今度は息を吸いながらゆっくり足を下げていきます。
  5. 1~4を10回1セットにして、1~3セット毎日続けてみてください。

初めての方にはきつく感じるかもしれませんが、下腹部の引き締めにも効果の高いトレーニングですので、シェイプアップも兼ねて、ぜひ取り入れたいですね。

❏こちらの記事も人気があります

-むくみ解消法, 運動

Copyright© 足のむくみ解消を解消する方法|あなたに合ったむくみ解消方法が見つかる!【足のむくみ解消ナビ】 , 2018 All Rights Reserved.